医師

十分な休息と薬も治療のキーポイント|うつ病の予防と改善法

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療に向けた一歩

診察

治すために大切なこと

うつ病の中でも最も深刻な症状は抑うつ症状です。抑うつが悪化すれば物事に対する関心が失われるだけでなく、生きていく気力を感じられなくなってしまいます。またそうした症状の一つとして、うつ病にかかった場合社会生活を送るエネルギーがなくなるのが一般的です。人が集まっている場所に恐怖心を覚えたり、友達とコミュニケーションをとりたいという意欲が失われてしまうのです。こうした抑うつ症状が現れた場合人はできるだけ無理をしないといけないと考えがちですが、うつ病を効率的に治す上で最も重要になるのは「休息」です。自身の心身を追い込まないように適切な休みを挟むようにしましょう。特に病を発症した自分自身を責めないようにすることは大切です。うつ病にかかる機会はどのような人にもありますので、まずは病に関する適切な知識を身につけて対処するようにしましょう。また職場や学校が原因で病を発症した場合は、一度休業や休学を挟むのも大切です。病院にかかっていれば障害年金などをもらえることもありますので、医師に相談してみましょう。逆にうつ病が軽度であれば、薬を飲みながら社会生活を維持することも可能です。うつ病の薬は精神科や心療内科で処方してもらいましょう。

様々な初期症状の種類

うつ病の初期症状には抑うつ以外にも様々なものがあります。例えば人によって原因不明の微熱や肩凝りに悩まされることがあるのです。他にも代表的な初期症状として、睡眠障害や食欲不振が挙げられます。多くの場合うつ病は精神的ストレスを原因に発症する病です。人は誰しもショックを受けた場合上記の症状に悩まされるものですが、症状が長期に渡る時はうつ病を疑ってみましょう。また、うつには仮面うつ病と呼ばれる種類も存在しています。仮面うつ病にかかった場合は抑うつ症状より先に身体的な問題が発生します。手足の痺れや眩暈などに悩まされた場合は注意しましょう。自身に現れている症状がうつ病なのか一過性の問題なのか判別できない場合、うつ病チェックシートを利用すると良いでしょう。インターネットやうつ関連の本についているチェックシートを使えば、いくつかの項目に答えるだけで自身がうつ病かどうか判ります。うつには躁状態を含む双極性障害といった種類もありますので注意が必要です。例え活動的になる時期があったとしても、うつを発症している患者さんは存在しているのです。双極性障害は大うつ病とは異なる薬を処方してもらうものですから、躁状態がある方は医師に話しておきましょう。薬が体に合わなかったときはすぐに受診することも大切です。