医師

十分な休息と薬も治療のキーポイント|うつ病の予防と改善法

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な種類

薬

出産後に考えたい

うつ病に悩まされている方の中には、出産を切っ掛けにうつになったと言う方がいます。そのような場合一般的なうつ病とは異なり、産後うつを疑ってみましょう。人がうつ病を発症する原因は多様に存在していますが、中にはホルモンバランスの乱れを挙げる説もあります。女性身体は出産を通して大きく変動し、産後はエストロゲンの量が変化するのです。こうしたメカニズムによって女性の中には産後うつを発症する方がおられます。また乳幼児の育児に追われた場合生活が一変するだけでなく、十分な睡眠時間が確保できなくなるものです。第一子であれば慣れない育児に対する戸惑いで苛立つこともあるでしょう。こうした複合的な問題からうつ病を発症している場合は、一つ一つ問題を解決することが大切です。特に重要なのが睡眠時間です。両親や伴侶の助けを借りて、できるだけ眠る時間を確保するようにしましょう。またうつ病の症状が激しい場合はうつ病などの治療と同じように病院に通うことが大切です。母乳のために薬を飲むのが難しい場合はカウンセリングを受けましょう。また、どんな体質でも服用できる漢方薬を処方してもらえる場合もあるので、確認しておくと良いかもしれません。一般的に産後うつのホルモンバランスは、出産後しばらくして安定します。その間患者さんが自身を責めないように周囲の人達のサポートがかかせません。

病院の選び方

うつ病の治療は一度病院に行っただけでは終わらないのが普通です。薬を処方された場合継続的に飲んで効果を確かめる必要が生まれますし、精神的なストレスに悩まされている場合はカウンセリングを受け続けることも大切です。そのためうつ病にかかった場合は患者さんにとって身近な場所にあるクリニックに通院する方々が多いのです。またクリニックであれば大規模病院より待ち時間が少なく済む場所も少なくありません。クリニックを選択する際は、その病院にある治療方法にも注目してみましょう。うつ病治療には薬だけでなく認知行動療法やカウンセリングを併用することもあるのです。うつ病は代表的な症状として抑うつ状態に陥ります。こうした精神的な症状は患者さんの自己努力で乗り越えられそうですが、一般的には難しいものです。うつ病の原因は脳内の神経伝達物質にあると言う説も存在していますので、治療には医師の助力が欠かせません。また再発するケースも多い病ですから、患者さんが自分一人を責めないためにも病院で治療することが大切なのです。病院でうつ病治療を受ければ患者さんが症状の経過を客観的に認識する上でも役に立ちます。こうした視点は抑うつ症状から自殺に進まないためにも得る必要があるのです。