医師

十分な休息と薬も治療のキーポイント|うつ病の予防と改善法

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ状態が続くとき

悩むレディ

症状

ストレス社会とも呼ばれている現在ではうつ病などの精神病にかかる人も増えてきました。肉体的に病に犯されている訳ではないのですが、精神的な疾患から肉体までも蝕まれてしまう事もあるので、うつ症状が現れたら注意が必要です。誰しもうつ状態になることはあるのですが、一時的なうつではなくずっと続く場合はうつ病に陥っている可能性があります。うつ病になると自律神経が乱れるので、自分の感情がコントロール出来なくなることもあるでしょう。何をしても気分が優れずに、消えてしまいたいという感情が先だってしまいます。うつにもいくつか種類があるのですが、常にうつ状態であるうつ以外にも仮面うつや新型うつや躁鬱などもあります。また、精神的な変化だけではなく肉体的にも変化が現れます。睡眠障害や摂食障害、原因不明の体調不良などが併用して現れることが多いのも特徴です。自分でうつだと自覚しているうちはまだ症状が軽いかもしれません。うつだと自覚できないくらい感覚がマヒしてきたら危険です。自分だけの力でうつ病は解決出来るほど甘くありません。症状が重くなると通院して治療を行う必要もあります。カウンセリングや薬物療法を用いることが多いでしょう。

治療の仕方

うつ病は精神的な病ですが、カウンセリングだけではなく薬を使った治療も行うことがあります。精神的に不安定な場合は安定剤などの薬を投与されることもありますし、基本としては抗うつ剤の投与が一般的です。個人差はありますが、症状が一時的に治まる反面、身体に副作用が生じることもあるので注意しましょう。うつ病はとてもデリケートな病気です。症状が軽いうちから治療を行えば改善する可能性は高いのですが、根本の原因を排除しなければ、些細なきっかけでまた再発してしまうこともあります。うつ病は再発率が高い精神病でもあるのです。誰でも嫌なことがあった時にはうつな気分になります。しかし、多くの人は一時的な感情で楽しい事や嬉しい事があればそのうつ状態から抜け出すことができます。しかしうつ病の場合はどんな時にもマイナスな感情しか発生しないのでうつから抜け出すことが出来ずに深刻な状態になることもあります。治療の仕方としてはうつを緩和するためにも精神科や心療内科でのカウンセリングはもちろん、症状が重い場合は薬を投与しながら生活をします。完璧主義者や人の目を気にするタイプの方がうつに陥ることが多いと言われています。無理をせず休息することもうつ病を改善させるためには大切です。